No10 土砂降りの日

梅雨です。
天気予報どうりに、朝から土砂降りです☂
さすがに引きこもりの一日
若い頃は気にもせず出かけていたのに、
おばさんになると無理(ノ_<)

いつもの中央公園は夏を迎える準備のため
先日、木も草も刈り取りされてスッキリして寂しく見えてました。
でも昨日、公園の花壇に花を植えるボランティア活動で
頑張る方達を初めて拝見しました。
今まで市の方が作業すると思ってました。

綺麗なお花を楽しませて頂いて感謝です。
今日は、ボランティアの方達に感謝して、そのお花の紹介です。
きっと皆さんも見たことあるお花です。


CIMG0098.jpeg

百日草   6−10月   

別名 ジニア  夏のガーデニングの人気素材です
キク科の一年草ですが、百日咲くから百日草?
なんかそんな気がするのは私だけでしょうか?
写真は二段咲きですが、カクタス咲き ・ ポンポン咲き
ジニア・エレガンスの大輪のダリア咲きと豪華な咲き方をします。
色も多彩です。
花言葉  別れた友を思う  意味深いですね。


IMG_0112.jpeg

サルビア・スプレンデンス   7−10月

  シソ科   ブラジル産

子供の頃、赤い花びらを摘んで蜜を吸ってよく叱られました。
少し毒があるので、あまり吸いすぎると
気分が悪くなりますので注意です。
夏場は花壇でよく見かけます。


IMG_0140.jpeg


マリーゴールド  6−10月
キク科  一年草  メキシコ産

マリーゴールドは聖母マリアの黄金の花という意味で
花言葉も 信頼 ・ 悲しみ ・ 生命の輝き 
たくさんありすぎて聖母の花言葉らしいのが多いです。
サルビアとマリーゴールドは夏の花壇とガーデニングの定番です。


今日は土砂降りのため、お花だけでごめんなさい。
またお天気の日に福岡の紹介します(^-^)/

Comments 0

Leave a reply