No32 老舗の味はやっぱり美味い

今日はおじいちゃんとの
ランチタイムで散歩です。

川沿いの軒先で見つけた
名前のわからない花です。

3201.png

がとても綺麗でした。

32022.png

博多で鰻の老舗
吉塚鰻店に行きます。

3203.png

川沿いの柳が目印で
店の中から見てもいい感じ

毎年丑の日には
行くのだけど、最近は
中国・韓国の旅行者が
多すぎて時期を避けます。

明治六年(1873)
創業された吉塚鰻店は
夏場は30分~1時間待ち
一日中、店の階段待ちです。

3204.png

いつもの特うな重
焼きの香ばしさと
少し甘めのタレで今日も
満足の味です。

二人とも完食
肝吸いも美味しのだけど
お漬物がいつも寂しいかな?
毎回それだけが残念です。
ご飯が美味しいから
なおさらそう思う。

でも鰻の本当の旬は
冬眠に備えて脂や養分を
蓄えた晩秋から初冬です。
養殖の鰻は5~8月です。

平賀源内の土用丑の日説
ご存知ですか?

色んな説があるけど
鰻屋が夏に売れないから
土用丑の日と書いた話

今の時代では
日本人が
クリスマスに
チキンやケーキを
食べる変な習慣と同じこと

でも、妙に納得して
食べちゃうものね
土用丑もそんな感じです。

この店の壁に楽しい絵が
あります。

3205.png

人が多いから
写す角度が悪くて
ごめんなさい。

この河童たちの酒盛りが
実に楽しそうでしょう。

串打三年・裂き八年・焼き一生
まさにプロの焼きです。
機会があれば
焼きたて鰻を食べてみてね

帰りの公園でのお花は

ケイトウ

3206.png

ヒユ科 ケイトウ属
7−11月
原産地 アジア・インド

別名
 鶏頭 ・ 鶏冠花など

赤・ピンク・黄
オレンジ・淡緑

花言葉
 気取り屋・おしゃれ
 色あせぬ恋
など

ドライにしても色があせにくい
赤いトサカの雄鶏のように
見えることからの由来みたいです。

3207.png

同じ花でも形や
咲き方がいろいろです。

色んな花の形があって
トサカ系
久留米ケイトウ系
ヤリケイトウ系
羽毛ケイトウ系
ノゲイケイトウ系
花を見つけたら
当てはめてみてね

おばさんが子供の頃は
普通の花だったけど
最近はお洒落に
花屋さんの店先に並び
アレンジされてます。
色が鮮やかだから
ポイントに使うと素敵です(*´~`*)

Comments 0

Leave a reply