No3 遠出の散歩

今日は梅雨になる前にきになる場所を目指します。
福岡のお城跡のお堀です。

unnamed-7.jpg

毎年、夏になると蓮の花が見事な場所です。
まだまだ先ですが、お堀は綺麗に掃除され花待ち状態でした。
写真のように夏待ち 楽しみにまた来ます。

unnamed-11.jpg

お堀のそばのベンチでひと休み
後ろを振り返るとハルジオンが微笑んでます。
5−7月 まだ少ないけど「頑張ってるよ」て感じ
春に咲く紫苑 そんな意味で名付けられたそうです。
よく似たヒメジョオンッガありますが、
6−10月に咲き 茎の中が詰っています。

ハルジオンは茎の中が、ストローのように空洞で少し柔らかめです。
キク科の花なので、草原で群生して咲いてるともっと迫力あるけど
なんせ街中なのでボリュウムなくてゴメンなさい。

unnamed-12.jpg

帰り道で珍しいものを見つけました。
シロタエギクの路上植えです。

この白い綿毛に包まれた葉枝は、最近ビルの花壇でも見かけます。
でも、路上でよく育ち、日当たりがいいので花が伸びきり 顔出ししてました。

シロタエギクは、名前のようにキク科で地中海沿岸の原産です。
でも、葉枝を楽しむことが普通で、最近は生花店でも販売されてます。
庭で栽培すると見ることもありますが
路上でこんなに成長した花を見ることは珍しいです。

綿毛に包まれた葉たちが花を下から持ち上げるようです。
まるで花言葉そのものです。 「 あなたを支えます 」
シロタエギクの花言葉です。

グレーというよりプラチナ色の シンプルな葉だけど、
言葉も枝ぶりもオシャレです。

Comments 0

Leave a reply