No 54 新年のお迎の仕来り

5401.jpg

新年おめでとうございます🎍

日本の習わし
お正月と言えば門松・しめ縄
意外と知らないお正月の仕来り
今年はここから始めます。

5402.jpg

門松はなぜ飾られるかご存知ですか?
お正月には天にいる神様が
地上に降りて各家にやって来る。
その時の目印に
神様を受け入れる準備で飾るもの

5403.jpg

最近では少なくなったけど
新年のお散歩で見つけた門松
ベスト3です。
なかなか豪華です。

5404.jpg

では、しめ縄の飾られる意味は?

5405.jpg

日本神話に遡り
「しめ」は神様の占めると言う意味
天照大神が天の岩戸から出た時
再び天の岩戸に入らないように
しめ縄で戸を塞いだという日本神話

5406.jpg

今のしめ縄は縁起物などの飾りを
付けたものです。

年神様と新年の神様を迎えるため
裏白・ゆずり葉・橙をあしらいます。

夫婦が共に白髪が生えるまでの裏白
夫婦和合のための左右相対のゆずり葉
(ゆずり葉は子孫が絶えない)
親子代々の健勝を祈る意味の橙
(冬に熟し色付き大きくなっても落ちない)

意味深く先祖が伝え守られた
日本の仕来りを今時のお洒落な形でも
良いから、これからも
伝えながら新年を迎えて
良い一年を過ごして下さいね

今年もマイペースで
おばさんの花散歩を頑張って
細やかな時間をお届けします。
宜しくお願いします😄

Comments 0

Leave a reply